×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

若ハゲ対策の育毛剤・養毛剤は、自分にあったタイプを選ぶことが大切!

 若ハゲ対策として思い浮かぶのは、頭皮につけるタイプの育毛剤・養毛剤ですね。このタイプの育毛剤・養毛剤・育毛剤にはいくつかの種類があり、若ハゲ対策には、自分の髪や状態にあった育毛剤・養毛剤を選ぶことが大切です。効果が出ないばかりか、逆効果になることもありますので注意が必要です。
 このタイプの育毛剤・養毛剤の効能としては、毛根に栄養を与えるタイプ、頭皮の皮脂が過剰に分泌するのを防ぐタイプ、男性ホルモンの過剰な分泌を抑えるタイプ等がありますので、自分の髪の状態にあった育毛剤・養毛剤を選ぶことが重要です。
 「リアップ」のTVコマーシャルが有名ですが、リアップを例にとりますと、効能として「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」、使用禁止例として「女性、未成年者、壮年性脱毛症以外の脱毛症、原因不明の脱毛症、急激な脱毛、斑状の脱毛症、他の育毛剤・養毛剤を使用中の人」と説明されています。これからすると、若ハゲ対策には使用不可ということです、壮年性脱毛症や若ハゲに対する明確な定義がありませんので、使用に際しては、薬局等のアドバイスを受けることをお薦めします。単に、TVコマーシャル等で有名だからという理由だけで選ぶことは、副作用を考えた場合危険です。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

飲む育毛剤プロペシアは、医療用医薬品で、未成年は使用できません。

 プロペシア(一般名:フィナステリド)は、米国の医薬品メーカーのメルク社が開発した世界初の飲む育毛剤です。米食品医薬品局に認可された男性型脱毛症の治療薬として、米国では1998年初めに処方が開始され、現在では世界約60ヶ国で使用されています。
 日本では、万有製薬が厚生労働省の認可を受け、2005年12月より販売が開始されています。
医療用医薬品のため購入には医師の診断と処方せんが必要な、男性専用の脱毛症治療薬で、保健は適用されません。薬の価格は各々の医療機関や薬局が決めますが、万有製薬は参考処方価格として1錠250円(税抜き)を設定しています。治療薬として、プロペシア錠を、原則1日1錠を内服することになります。
 プロペシアの服用対象は成人男性に限られ、女性や未成年は服用できません。また、プロペシアは医療用医薬品であるため、頭につける育毛剤とは異なり、薬局等での購入はできず、処方を受けるには、男性型脱毛症の治療を行っている専門医療機関での医師の診断が必要です。プロペシアは、頭髪の成長の妨げとなる男性ホルモンの活性化を抑制しますので、例え青年に達していても、若ハゲ対策には適さない可能性があります。若ハゲ対策としての使用が適当か否かの判断は専門医にお任せしましょう。

若ハゲ対策として、植毛や増毛はどうでしょう。

 最近、植毛、増毛、育毛に関するTVコマーシャルが多く放映されています。これらは、若ハゲ対策に効果があるのでしょうか?
 植毛は、若ハゲ対策の一つの手段ですが、植毛の方法として、自分の毛を植えつける自毛植毛と人工の毛を植えつける人工植毛があります。人工植毛の場合、拒絶反応を起こすケースもありますので、若ハゲ対策として植毛を行うのであれば、自毛植毛の方がお薦めです。
 若ハゲ対策には植毛の他に増毛という方法もあります。この増毛は、自分の髪の毛を利用して人工の毛を結びつけたり接着したりして増やす方法です。
 また、若ハゲ対策として育毛という方法もあります。育毛は、体質改善や体質に合った毛髪ケア等により好発を育てる方法です。
 若ハゲ対策に有効といわれる植毛、増毛、育毛ですが、受ける美容外科や形成外科によっては失敗例などもあるので、事前のカウンセリングをしっかりと受けることが大切です。
 植毛や増毛、育毛等は、若ハゲ対策として最後に考えるべきもので、まずは日頃から自分でやれることを行いたいですね。本気で若ハゲ対策を考えるのであれば、規則正しい日常生活を行い、健康状態を正常に保つことが先決です。睡眠不足、過度の飲酒、喫煙、過剰のストレスなどを避け、バランスの取れた食事を摂るように心掛けましょう。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 若ハゲ対策を積極的に行う!